ファイナンシャルプランナー(FP)とは?

ファイナンシャルプランナー(以下FP)という言葉を聞いたことはあるけれど、
いったいどんな職業なの?と疑問に思っている方もいらっしゃるでしょう。
証券会社のアドバイザー?銀行の人?と間違った解釈をしている方もいると思います。
しかし、FPは結構人気のある職業なのです。

ここでは、FPについて詳しく解説していきます。
FPとは、不動産や住宅ローン、税金、保険、教育資金など家計に関わる収入と支出を分析し、
現状を踏まえ、夢や目標に対しての資金計画を一緒に考えながらサポートしていくお金の専門家のことです。
「今マイホームを購入しておいた方が良いのか?」「リタイア後の老後の資金は足りるのか」
「どんな保険に入ったら良いのか?」そんなお金に関する不安や悩みに対して相談にのることができます。
生活設計から住宅資金、金融商品、相続関連などさまざまな相談に応えると共に、
弁護士や銀行、証券会社、税理士など各専門家のネットワークを生かしたファイナンシャルプランニングを行っています。

FPには誰でもなれるわけではありません。
きちんと資格試験に合格しなければFPとして働くことはできません。
FPの資格試験はNPO法人日本FP協会認定試験(民間検定)と、国家検定があります。
どちらを受検するかは個々の考え方次第なのですが、比較的多いのは国家検定のようです。
国家検定を受検すると必然的に国家資格を有することができるからではないでしょうか。
試験日については日本FP協会公式ウェブサイトにて公表していますので、
受験を希望される方はそちらをチェックしてみると良いでしょう。